マスク不要論(WHO)に世間の声や世界の反応は?賛否とウソほんと!

スポンサーリンク

 

WHOのマスク着用不要に様々な声や反応!

 

WHOが新型コロナウイルスの感染予防に対し、マスクの適切な使い方を公表しました。「公共の場でマスクを着用する必要はない」とする指針に世間が反応しています。

 

国内の声はもちろんですが、海外の反応もまとめてみました。現在、世界ではどのような流れや考え方になっているのでしょうか。

 

 

マスク不要論(WHO)に世間の声や世界の反応は?賛否とウソほんと!

 

 

マスク着用不要(WHO)の内容

 

 

せきやくしゃみの症状がない人は、予防目的でマスクを公共の場において着用する必要はないとする指針ということですが、日本人の多くは効果に疑問があっても着用が必要だと思っています。

 

現在、マスクは供給不足です。それに拍車を掛けない呼び掛けのようですが、果たしてどこまで根拠があってそうすべきなのか、かなりの疑問が噴出しています。

 

ここでマスクの全国の状況が確認できます。

【最新】全国マスクの在庫・売ってる場所情報一覧!全47都道府県+主要都市や区
【最新】全国マスク情報一覧 47都道府県+主要都市+区 全国の情報です。ご自身の自治体や区や市をクリックして、どこに売っているのか、どうすれば手に入るのか、店舗の在庫・入荷状況などについて確認してみてください。 ...

 

WHOの緊急事態対応の統括者は、「マスクをしていないからといって、感染の可能性が必ずしも上がるわけではない」としています。

 

その上で、手洗いの励行など衛生上の注意点を守ることこそが最も効果的であることも加えて強調しています。

 

手洗いやうがいが大切なのは最もなことです。問題は、マスクの使用です。

 

インフルエンザが流行るこの時期というのは、マスクの効果の信ぴょう性の話題が毎年出てきます。ですから、今回のことが初めてのことでないわけですが、識者が声高にマスク不要論を唱えても、日本人は簡単には信じていないようです。

 

では、このあたりまずは国内の反応から確認してみます。

 

 

マスク不要論(WHO) 日本国内の世間の声や反応

 

 

おかしくない?? マスク不要とか言ったら咳する人もしなくなるじゃん。

 

マスク付けてたら防げた人もいるのは事実だと思う。だから、人がいる所行く時はマスクしてた方がいいよ。

 

海外はマスクする習慣ないから。しかし、マスク不要論は笑う!

 

マスクは他の人にうつさないようにするためもある。それに潜伏期間あるし、マスクは必要と思う。

 

WHOの存在が疑問。混乱させてるのはどっちって思う。

 

マクロな視点で捉えた場合感染予防に効果があります。

 

WHOが色々言わないで頂きたい。

 

たとえそうだとしても、WHOの言うことを信じるところがあるんでしょうかね。

 

満員電車に乗る身としてはやっぱりマスクしたい。

 

日本人の信心深さをなめてはいけない。昔は大仏造ったり念仏唱えてたのが今はマスク、人々の不安を和らげ国を安定させる力がある。

 

確かに難しいと思うが、だからってマスク不要は違う。

 

軽度でコロナの感染に気がついていないの保菌者から高齢者や弱者にうつさないためにも、みんな出来る限りマスク着用した方がよいのでは?

 

今更何を言ってるんだろう…。するに越したことはないでしょ。

 

マスク不要だってほんと? もし自分や隣の人が無症状ウイルス保有者だったら…?

 

#ツイッターより抜粋

 

 

もはやマスクは予防ではなく、無自覚感染者からの拡散防止でしょう。容易に検査できない状況で、極力人にうつさない有効手段である。

 

飛沫には効果はあるだろうし、しないよりした方が良いに決まってる。

 

感染しない、感染させない、両局面からしてマスクを着用することは最低限のマナーだと思う。

 

WHOの言う事を信用して従ったら危ない、という、ブラックジョークのような状況が続いている。

 

ちゃんとした使い方したら有効です。

 

同じ日本の医者、専門家…みんなバラバラの意見…もう誰も信じられない。WHOなんてもっと!

 

*ヤフコメより抜粋

 

このように、日本人はマスク必要派が大多数です。いらないっていう人が若干いましたが、それは「マスク自体が嫌い(蒸すとか暑いとか臭いとか…)」、「マスクは面倒」って言う人でした。

 

そういう人の中で、マスク不要論に安心したというコメントがありました。

 

「マスクを確実に入手するには」

マスクを確実に手に入れる方法!必ず入手するにはこれしかない!
マスクを確実に入手する! 全国のマスクの現状を見てきたからわかる、全国どこでも店舗でマスクを確実に入手する方法をお伝えします。 裏技や穴場ではなく、普通の店舗でマスクを手に入れるにはこれしかないんです。 ...

 

「店舗側の悲痛な本音とは」

ドラッグストア店員 本音でわかった鬼の殺気とマスク不足の現状!
ドラッグストア店員 本音 人間の行動が怖い 全国のマスク不足をお伝えしてきていますが、店舗の従業員側から見た現状という視点は一切ありませんでした。 今までのマスクやトイレットペーパーなどの入荷情報とともに...

 

 

スポンサーリンク

 

 

マスク不要論(WHO) 海外の反応

 

 

マスクは病気を拡散しないためにするものであり、感染しないためにするものではない。

 

マスクは自分をウイルスから守るためにあるのではなく、他の人間にうつさないためのものであることを理解していない。

 

感染者が出すウイルスを乗せた飛沫が他の人間に届くのをある程度防いでくれる程度の効果だよ。

 

マスクで自分を守ることができると思い込んでいる健康な人間のせいで、本当にマスクを必要としている人間が入手できなくなるのが良くない。

 

そもそもコロナウイルスのウイルス粒子のサイズは0.12ミクロン、N95マスクが対応しているのは0.3ミクロンなので効果がない。

 

飛沫感染はマスクである程度予防可能なはず。

 

マスクなんて習慣ないし、したら病人と思われるし避けられるからしたくてもできない。

 

マスクをしている=感染者って認識はマジでどうにかしてほしい...人々を怖がらせることなくマスクを付けることができたらどんなにいいか。

 

まだ、あまり拾えていませんが、最後のコメントがやはり海外のマスクに対する認識を表していると思います。

 

海外と言ってもアジアではマスクをしますので、欧米諸国とでも言えばいいでしょうか。

 

感染が広まっているイタリアなどは、よほどの重篤でなければマスクなんてしないそうですから。

 

 

最後に…

 

個人的にですが、「どう考えてもしないよりした方がいいに決まっている」という意見に同意します。

 

マスクには複合した意味があるものなので、効果の是非だけ考えたら薄いのかもしれませんが、絶対に必要だと思います。

 

ただ、今電車に乗っていると9割以上の人がマスクしてるので、ちょっと異様な光景になっているのは否めません。

 

緊急事態になるかもしれない状況ですから、ひとりひとりマイナスになることはしないように心がけることが大切だと思います。

 

【マスクが必要だけど手に入らない方へ】

 

日本の各地方の店舗のマスク状況については、

 

【最新】全国マスクの在庫・売ってる場所情報一覧!全47都道府県+主要都市や区
【最新】全国マスク情報一覧 47都道府県+主要都市+区 全国の情報です。ご自身の自治体や区や市をクリックして、どこに売っているのか、どうすれば手に入るのか、店舗の在庫・入荷状況などについて確認してみてください。 ...

 

こちらに記していますが、ネット上でも探したい方のために、楽天市場の現在のランキング1位のマスクを紹介しておきます。(画像クリックで商品ページを確認できます。)

 

マスク3枚です。少ない枚数でまずは欲しいという方向けです。マスクのジャンルだけでなく、現在(2月29日)は総合ランキングで1位です。

 

まとめ買いしたい方は、こちらが現在(2月29日)は総合ランキングで1位です。箱で100枚(50枚入り2セット)ありますので、この先も安心です。

※在庫状況は変化しますので、サイトでご確認ください。

 

現在は、思っている以上に「ない!」です。全国を調査していますが、店舗で比較的入荷の頻度が多い地域と、意外なところでサッと手に入る場所がある地域以外は、ほとんど同じ状況と言えます。

 

意外なところでは、コンビニのレジの反対側とかにちょこんと置いてあったり、中古車販売店やコメリのような農機具を売っていることろなどにちょっとあったりしたっていうケースなどです。

 

作業でマスクを使うような場合、その作業に必要な道具などを売っている店舗は狙い目ですね。

 

「こんなところにあるかな?」というところにポンと置いてあるケースは、全国の情報でかなりの数を確認しています。もし、近くを探して回る場合には、そういった店舗にも寄ってみるといいと思います。

 

あと、「どこにもない」という情報は、店舗に行ってみて売り切れていたという人の情報です。

 

どこの店舗にも入荷されないということは、周囲に店舗数がわずかしかない場合以外はありませんので、並んで手に入れることが今は確実です。

 

早く、正常に戻ってくれることを祈ります。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。