川口春奈は朝ドラヒロインになる!?エール、おちょやんの次が有力!?

スポンサーリンク

 

川口春奈が朝ドラヒロインになる日が近い!

 

この1年で「帰蝶=川口春奈」のイメージが定着しそうですが、NHKでの評価が上々とあって、一気に朝ドラのヒロイン抜擢が現実化しています。

 

では、川口春奈さんの現状について迫っていきます。

 

 

川口春奈は朝ドラヒロインになる!エール、おちょやんの次が有力!?

 

 

川口春奈 現状や周辺から

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

川口春奈(@haruna_kawaguchi_official)がシェアした投稿

 

【プロフィール】

本名 : 川口 春奈(かわぐちはるな)

生年月日 : 1995年2月10日

出生地 : 長崎県五島市

身長 : 166 cm

血液型 : O型

 

五島列島生まれなのはけっこう有名ですが、三姉妹の末っ子で、自身の性格を「生粋のわがまま甘えん坊寂しがりやガール」と言っています。

 

25歳ですから、いちばんいろいろなことが脂にのってくる頃(変な意味ではないです)です。

 

身長は166cmと高い方なのですが、あまりそう感じることがないです。共感してもらえるかわかりませんけど。共演者の人もけっこう背が高い人多かったからかな?

 

川口春奈さんは、最近こんなことが話題になりました。

 

危ない私生活丸裸「怪しい」「ひどい」と…

川口春奈 危ない私生活丸裸「怪しい」「ひどい」と…インスタや性格まで
女優の川口春奈さんは、インスタにおいてで私生活は怪しい、ひどいと話題になりましたが、とっても意外な一面を持つ危ない私生活について、また彼女の性格と現在についてまとめました。 川口春奈 危ない私生活って…怪しい、ひどいはどこ...

 

これは性格だから何とも言えませんが、けっこう一般人ぽくって親近感が湧く人も多かったようです。

 

髪型や結婚・交際報道などが話題となっていましたが、人気女優だからまあ当たり前と言えばそれまでですが、今は仕事に打ち込んでいるようです。

 

このCM、とってもいいです!

 

大活躍中ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

朝ドラの歴史について

 

 

NHKの朝ドラは、正式には「連続テレビ小説」と言いますが、今これを言える人ってけっこう少ないんじゃないかって思います。

 

この朝ドラは、1961年という半世紀以上前から始まっていて、第100回記念が「夏空」でした。それから、「スカーレット」、「エール」、「おちょやん」と続いていきますが、その次はまだ決まっていません。

 

ということは、川口春奈さんにピッタリのイメージとなる作品を選出可能性があります。

 

なんで川口春奈さんが候補かっていうのはこの後で。

 

朝ドラの歴史を見ていくと、全くの無名、つまり新人をここで起用して一気に有名になっていった女優がたくさんいます。

 

古くは、林美智子さんや樫山文枝さんになりますが、そのあとも錚々たるメンバーが名を連ねています。

 

以下の記事で、それらを確認できますので、よろしければ後でご覧ください。

 

好きだった朝ドラ女優ランキング

好きだった朝ドラ女優ランキング 納得?やはり?意外?な結果
好きだった朝ドラ女優 「あなたが考える「好きだった朝ドラ女優」を好きだった順に3名を挙げる」 文春オンラインさんが、4月の2週間にこのようなアンケートを実施しました。投票総数は1406票で、偏りのないように10代~9...

 

朝ドラ名シーン・ランキング&全作品一覧

朝ドラ名シーン・ランキング&全作品一覧&え?納得!ファンの反応
朝ドラ 名シーンの数々をランキング 「朝ドラ100作感謝祭」として、NHKが名シーンをランキングにしました。100作っていうことは、もう50年もやっているわけです。民放とは違い、半年もやっているドラマは今はないので、これが続いていることに...

 

絶頂期の視聴率は、やはり「おしん」で、平均視聴率で50%を越えていたという、まさに化け物番組でした。

 

ヒロインの話しに戻りますが、時代が流れてくると、新人抜擢からある程度活躍している女優さんを起用するようになってきています。

 

NHKとは関係ないところで、全国的に名が通ってきている女優や、人気沸騰中の女優を使うこともありましたが、その他に抜擢のパターンがあります。

 

では、川口春奈さんはどうなのか?ってことで、次はヒロインの可能性の高さを見ていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

川口春奈 朝ドラヒロインは「エール」「おちょやん」の次か?

 

 

第7回の「帰蝶の願い」の視聴率では、少し低迷気味だったのが回復しました。この記事に詳しく書いてあります。

 

低調のNHK大河「麒麟がくる」をけん引 川口春奈に訪れた“遅い春”(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース
初回こそ視聴率19・1%と好発進したものの、第4回以降は13%台に低迷していたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」が、3月1日放送の第7回で15・0%と大きく巻き返した。この回のタイトルは「帰蝶の願い」で - Yahoo!ニュース(日刊ゲンダイDIGITAL)

 

かなり山場のシーンだったので、これに見入った人はかなり多く、好感度がさらにアップしました。

 

これまでは、低視聴率女王などという嬉しくない異名もついていましたので、これでこの異名は返上となりそうです。

 

さて、川口春奈さんが朝ドラのヒロインになるって話ですが…

 

実は、NHKの大河ドラマ出演者が抜擢されることもけっこうありました。またその逆もけっこうあります。

 

NHKとの繋がりができて、その女優を推す声も出てくることが要因の1つとも言えるでしょう。

 

「朝ドラから大河ドラマへ」という流れは、例えば松嶋菜々子さんです。

 

「ひまわり」から「利家とまつ~加賀百万石物語~」の主演となっています。

 

井上真央さんも、「おひさま」から「花燃ゆ」の主演になっていますね。

 

では、「大河ドラマから朝ドラ」という流れはどうでしょう。

 

貫地谷しほりさんは、「風林火山」から「ちりとてちん」の主演をしています。

 

また、堀北真希さん「篤姫」から「梅ちゃん先生」の主演を果たしています。

 

杏さんは、「平清盛」から「ごちそうさん」永野芽郁さんは、「真田丸」から「半分、青い。」の主演をしています。

 

どうでしょうか。朝ドラと大河ドラマにダブルで出演した女優はこのようにたくさんいるわけです。

 

ですから、今話題の川口春奈さん役演じる「帰蝶」から、朝ドラ「○○」の主演という流れは、かなり確率が高いです。

 

個人的には、「おちょやん」の次にヒロインになると予想しています。

 

 

最後に…

 

川口春奈さんの2016年のインタビューでは、

 

「夢は朝ドラヒロインの座を射止めること」

 

とコメントしていますので、意気込みはかなりでしょうし、何気ない売り込みもしていることでしょう。

 

近いうちに射止めることは間違いないと思いますが、今後の様々な活躍を期待しています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。