敵に回せない3人の名前!超大物歌手Nとロック歌手Sと演歌歌手Kとは?

スポンサーリンク

 

敵に回してはいけない3人は誰だ!「超大物歌手N」「ロック歌手S」「演歌歌手K」

 

バッシングすれば拳が飛んでくる「演歌歌手K」、翌日に待ち伏せされる「超大物歌手N」、誰もがビビる「ロック歌手S」とは誰のことでしょうか。

 

その名前を聞いてまた驚く?怖い怖い方々について探っていきます。

 

 

敵に回してはいけない3人って誰?超大物歌手Nとロック歌手S!もう1人は?

 

 

敵に回してはいけない芸能人3人

 

 

あなたが、「敵に回してはいけない芸能人は誰」って言われて、すぐに思い浮かぶ人は誰でしょうか。

 

例えば、和田アキ子さんや上沼恵美子さんですかね。女性がまっさきに出てくるところがすごいなあとも思いますが。

 

男性は、カッとなったとしても割りとさっぱりしる感じなので、すぐ思い浮かぶ人よりも意外な人が怖い気がします。だから、表面的にはぱっと出てくるほどではないです。個人的にですが。

 

しかし、今回浮上したイニシャルを見るを、「W」とは「U」とかはないですね。(笑)

 

では、一体どんな人なのでしょうか。

 

「超大物歌手N」はみんな怖がっているそうです。

 

N氏の文句を言おうものなら、翌日に現場で待ち構えられる可能性もあるとか。番組の編集で納得しないとテレビ局に駆け込んでくることもあるそうです。怖っ!

 

筋肉ムキムキだと言いますから、絞られてきますね。

 

名前を特定したら、超怒られそうですが…

 

「と○○」や、「か○○○」が大ヒットした「長○○」さんが該当すると思います。(ブルブル)

 

ちなみに、この方はデビュー時から知っていて、応援していました。

 

古くは、「中○き○し」さんとか「新○○治」さんとかいますが、まあ違いますね。

 

「ロック歌手S」さんは、ケンカっ早いそうです。

 

本当にキレたら怖いと言われているようです。口だけでも相当な恐怖があるとか。

 

日本でロックを定着させた歌手と言いますから、やはり絞られてきますね。

 

「沢○○二」さん、「佐○○春」さん、「斉○○義」さん、「ス○○カ○」さん、そして「世○○則」さん。

 

そしてを付けたのはやはり、いちばんかと。(ブルブル)

 

「演歌歌手K」さんは、想像するだけでも恐ろしい方だそうです。

 

酔った勢い、一過性関係なく、バッシングしようものなら、拳が飛んでくるかもって言われているそうです。作品面での評価や論評はまだしもだそうです。そこはさすがだと思います。

 

いちばんは、人間性のバッシングみたいです。

 

「○島○郎」さん、「加○○三」さん、「小○旭」さんくらいに絞られると思います。

 

気性の面では最後の方なのかな?と。(ブルブル)

 

ということで、かなり絞られていますね。一般人は芸能界とは無縁なので、接触する機会はないから関係ないって言えるでしょうか。いえ、今は言えないですね。

 

ネットという手段で、世間に自分から発信できる機会を持ち、さらに匿名で良いとなれば、発言も気をつけなければいけません。

 

もちろん、この記事もそうです。

 

しかし、ここに挙げた方たちは、素晴らしい功労者ですから、全員が尊敬に値する方々だと思います。

 

年齢的には健康に留意しなければならない時期になっていますので、今後も元気な姿を見せていただきたいと思います。

 

そして、怖いくらいの気概があれば、いい意味で健康でいられると思いますので、その気力を失わずにいてほしいと願います。

 

 

最後に…

 

この3名のこととは関係ないですが、巷では自分の考えが全部正義になるような自己中の人がいます。

 

例えば、先日こんなことがありました。

 

電車の入り口の横に立っていたときのことです。ドアが開いて乗客が入ってくる際に、ドスの利いた声で「すいませーん!」と言って、端に立っている私を邪魔だと言ってどけという態度をとってきました。

 

電車って暗黙の了解があると思いますが、決まってはいませんので、すぐにどきました、というよりどいてやりましたが、こういう人がいるってことです。

 

乗客は3,4人で、十分に入るスペースがあったのに、です。

 

面倒になることの方がよっぽど嫌なので、そのあと顔も見ずにスマホをいじっていました。

 

ということで、怖い人には立ち向かわないほうがいいですね。繰り返しますが、この3人がこういう行動を取るということではありません。

 

怖い人っていろいろいますが、どんなことを言ってもさらに逆上する人って沈静化するまでは無理ですからね。

 

ということで、この記事はここまでとします。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。