新元号発表 候補案絞り込み情報まとめ 4/1午後0時「平成」から?へ

スポンサーリンク

新元号発表へ 平成から?へ

新天皇の即位1ヶ月前にあたる4月1日、新元号が発表される予定です。その候補案は、政府関係者によると、有識者から出された数十個から十数個に絞られているそうです。そして、その後は3案程度に絞り込んでいきます。

この記事では、新元号の周辺情報についてまとめます。

 

 

新元号 候補案絞り込み 改元の原案は

 

天皇陛下の退位である4月30日が近づいてきました。翌日の5月1日には、皇太子さまが新天皇に即位されます。

それに伴い、新元号の作業も進められていますが、十数個に絞り込んでいることが明らかになっています。

選定に当たっては、有識者からなる「元号に関する懇談会」が開かれますが、政府は就任の打診を開始しており、女性を増やすことにしているそうです。ちなみに前回は8人中1人でした。選定に関わった人たちについては、来月1日の新元号発表までは官邸内にとどまるよう要請して、外部との連絡も遮断することを検討しているそうです。

政府は、国民の理想としてふさわしいよい意味をもつもので、一般的に使われているものではないことなどに留意しながらさらに絞り込んでいくそうです。

これまでの元号は、すべて中国の古典からの出典となっていますので、今回もそうなる可能性が高いですが、日本の国書から選定する案も出ており、初の日本書紀が出典のようなことになるかもしれません。

 

3/18現在のその後の経緯を記します。

 

候補はさらに3案に絞り込んで、安倍晋三首相が新天皇に即位する皇太子さまに伝える方向で調整しています。

新元号は有識者会議や閣議などを経て決定し、官房長官が記者会見で公表しますが、その前に天皇陛下や皇太子さまに伝えることになっているとのことです。

また、13日の参院予算委員会で、内閣官房参事官が「国文学、漢文学、日本史学または東洋史学などについての学識を有する人の中から委嘱する」と伝えました。

さらに菅官房長官菅は、皇位継承に伴う「恩赦」を「やるともやらないとも、まだ具体的な検討はしていない」と伝えています。ちなみに、前回の天皇陛下の即位の際には、道路交通法や軽犯罪法違反などが恩赦の対象となっています。

3/15には、安倍晋三首相が日本民間放送連盟会長の大久保好男氏(日本テレビ社長)と都内で会食し、同氏を有識者会議のメンバーにを起用すると決めました。

 

【関連動画】

令和スタートで、気になることをまとめています。

トラブル、混乱、ブーム、可能性は?

新元号5/1施行 令和トラブル,混乱,ブーム,可能性,気になること
新元号「令和」5/1施行で気になること 新元号の「令和」が5月1日に施行されるのに伴い、いろいろと気になることが増えてきます。 この記事では、「改元カウントダウン」で起こりうるトラブルや混乱、ブームになりそうなこと、様々な可能性や恐...

 

 

新元号候補案 世間では…

 

元号は、常用漢字の組み合わせで選ばれると考えられており、現在、新元号が何になるか、常用漢字の配列リストがTwitter上で話題になっています。

新元号が事前に漏洩した場合は、差し替えとなるそうなのですが、上記の配列が膨大でほぼ全てと見られているため、差し替える候補がなくなる可能性があるとのこと。

その組み合わせは約228万通りもあり、これだけ網羅しているとどれかが当たる確率の方が高いと言えるでしょう。まあ、漏洩ではないので問題はないでしょう。

そのツイートはこれです。

 

このようなことができてしまうのも現代ゆえ。もともと、次の元号を検討していること自体が天皇への不敬にあたるという側面があり、選定作業は極秘に行われてきています。

 

スポンサーリンク

 

世間の候補をいくつか挙げてみましょう。

平和 和平
安久 未来
自由 新生
大成 羽生
希望 安泰
安寧 太平
安永 平安
総免 安始
栄安 安明
安成 寛富
正化 修文

こう見ると、「安」や「平」が最も多いですね。ちなみに、明治、大正、昭和、平成の頭文字をアルファベット表記すると、M、T、S、Hですが、この頭文字にならないのは確定しているそうで、そうすると、あ行、か行、な行、や行、ら行に加え、が行、ざ行、だ行、ば行なんかも候補になってきます。

世間では、いろいろな思いがあるようで…

・もう決まってないと遅くね?
・この流れだと日本古典由来になりそうね。
・妙なリークやスッパ抜きとかやめてほしい。みんな心おだやかに新元号を迎えたいんだから。
・典拠が日本の古典とはいえ「やまとことば」じゃないだろうしなあ。
・「元号に関する懇談会」のメンバー誰なんだろう。
・内閣府にハッキングする人現れるかも。
・新元号に「安」を付けたい動きがあるらしい。
・新元号を迎え世界はルネサンス。
・新元号には「来」や「先」と言った未来につながるようなものが良いなー。
・1861年からの約150年間、元号を順次読むときにアクセントのリズムがあることが分かった。「文久→元治⤵慶応→明治⤵大正→昭和⤵平成→」のように。
・みんなで新時代の幕開けをお祝いしましょう。

#ツイッターより

 

元号「平成」の決定の経緯

「平成」発表(当時:小渕官房長官)

元号には6つの要件が決められているそうで、国民の理想に相応しいよい意味を持つものや、漢字は2文字であること、書きやすいことといったものになります。

「平成」の発表までは、内閣内政審議室が担当となって極秘に進められました。有識者数名に考案を依頼し、出された中から出典や意味、俗用のチェックを厳密に行って3~5案に絞ったそうです。今回の改元では、十数個から3個に絞るのはいつになるのでしょうか。

保管は、内閣官房副長官補室の元号専用金庫だったそうです。もし保管された元号候補の考案者が亡くなった場合は、その元号候補も消されて、候補案を入れ替える徹底ぶりなのだそうです。

このくらい厳密に極秘に進められるため、当時この候補案を知っていたのは、竹下総理、小渕官房長官、俗用の調査担当の文部省審議官、担当の内閣審議室長の4人だけだったそうです。

最後に…

これから1ヶ月の間、かなり新元号の話題があがってくることでしょう。日毎に加熱が高まってくることが予想されますね。国民の一大関心事ですから、楽しみながら待ちたいと思います。

ここで勝手な予測をしようと思いましたが、やめておくことにします。ただ、「世間に出た時点でそれは使われないでしょうし、「安」は使われないと思っています。

 

新元号が発表されました。「令和」の記事はこちら!

新元号 は「令和」菅官房長官が発表 平成31年(2019年)4/1/11:30
新元号発表 菅官房長官 「昭和」から「平成」への発表は小渕恵三さんでしたが、それによりこの写真は全国的に有名で、国民の印象に強く残っています。 新元号 決定! 菅官房長官発表 ...